モテが黒ずみの息の根を完全に止めた

ファクタリングの手数料とはどういったもの?

2018年6月20日(水曜日) テーマ:ファクタリング

ファクタリング会社は手数料を得ることで収益を得ていますが、2社間取引と3社間取引でこの手数料率も変わってきます。大体2社間だと10%〜30%、3社間だと1%〜5%となります。結構な違いがありますが、その差はどういったことから生まれているのでしょうか?

 

簡単にいうと、2社の場合は信用取引的な要素が強くなります。どういうことかというと債権企業が債務企業から支払いがあったものをそのままファクタリング会社に渡す形になります。ということは、債務企業、債権企業共に信用できるかどうか、ようはファクタリング会社からするとリスクが高いわけです。しかし、3社間となると、ファクタリング会社は債務企業から直接支払いを行ってもらいますので、債務企業のみが信頼できれば良いわけです。

 

ファクタリングの手数料とは

 

こういったことから、例えば新規の場合や小規模な企業がファクタリングを利用しようとすると、手数料が高くなる傾向があります。逆に、リピーターの場合は手数料が安くなる傾向もあります。つまり、複数のファクタリング会社を利用するよりも、1つに絞った方が手数料が安い可能性があるのです。事前にファクタリング会社をしっかりと調べ、間違いのないところで利用するようにしましょう。